婦人

気になるわきが改善法|ニオイが気になるなら予防や治療を行おう

アポクリン腺を除去

カウンセリング

電気凝固法または切除

わきがは、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗が原因となっています。したがってわきがの治療としては、アポクリン腺からの汗の分泌を止めることが有効となります。そしてそのためにおこなわれているのが、電気凝固法という治療です。アポクリン腺の付近に針を挿入し、その針に電流を流すことで、アポクリン腺を熱するのです。熱によりアポクリン腺は収縮し、以後は汗を分泌しにくくなるのです。しかし収縮したアポクリン腺は、体の自然治癒力によって、徐々に回復していくことがあります。回復すると、当然そこからは汗が再び分泌してくることになりますし、わきがも生じやすくなります。そのためアポクリン腺が丈夫で回復しやすいという人の場合、これを体内から完全に除去するという方法で、治療がおこなわれます。わきを切開し、そこから専用の器具でアポクリン腺を切り取るのです。アポクリン腺は、再び作られることはありません。そのためしっかりと除去することができれば、わきがはその後は再発しなくなるのです。

目視する方法としない方法

アポクリン腺を除去する治療は、大きく分けて2種類の方法でおこなわれています。目視しながら除去する方法と、目視せずに除去する方法です。具体的には、まずは前者は、わきを5センチほど切開し、皮膚を裏返す要領で広げます。するとわきの内部が露出することになるので、アポクリン腺もあらわになります。そのため、目視しながらひとつひとつを的確に除去することができるのです。この方法は、ひとつも残すことなく除去できるという点がメリットです。それに対して後者では、わきはわずか2センチほどしか切開されません。そしてその小さな切り口から、回転式の刃を挿入します。刃を回転させることで、内部のアポクリン腺はどんどん切り取られ、そこから掻き出されていきます。目視しながらの切除と異なり、いくつかのアポクリン腺については、刃が届かずに残ってしまうことがあります。しかし大部分は除去されるので、それによりわきがの匂いはかなり軽減されます。また、傷が小さい分目立ちにくく、体の回復が早いというメリットもあります。