婦人

気になるわきが改善法|ニオイが気になるなら予防や治療を行おう

汗の分泌量を減らすため

脇を触る女性

石鹸で洗うだけでは不十分

わきがとは、わきから分泌される汗が、バクテリアによって分解されることが原因となっています。汗そのものにもある程度の匂いがあるのですが、分解されると一層強い匂いを発するようになるのです。したがってわきがを解消するためには、バクテリアを除去するために、殺菌作用のある石鹸でしっかりとわきを洗うことが肝心となります。しかし、肌にはもともとある程度のバクテリアが存在しているので、完全に殺菌することはできません。つまり、石鹸で洗うだけでは、わきが対策として十分ではないということです。そのため美容外科では、わきがをよりしっかりと抑えるための治療がおこなわれています。具体的には、わきがのもととなっている汗を分泌するアポクリン腺を、わきを切開した上で除去するという治療です。この治療によって、アポクリン腺が少なくなれば、わきからは汗が生じにくくなります。汗の量が少なくなれば、バクテリアによって分解される量も少なくなるので、わきがも多くは発生しなくなるわけです。

肌の上から照射

さらに昨今では、アポクリン腺を除去するという治療だけでなく、発汗機能を抑制するという治療もおこなわれるようになっています。具体的には、レーザーやマイクロ波を照射することで、アポクリン腺を熱して弱らせるのです。弱ることで、アポクリン腺からはあまり多くの汗が生じなくなります。レーザーやマイクロ波は、肌の上から照射されます。アポクリン腺は毛穴とつながっているのですが、レーザーを照射すると、毛穴から生えている毛に熱が吸収されます。そしてその毛から、アポクリン腺へと熱が伝わるのです。一方マイクロ波は、毛ではなく水分に熱を与えます。汗も水分ですから、これによりアポクリン腺が熱されることになるわけです。このように、いずれの場合もわきを切開しなくても、アポクリン腺を弱らせることができるのです。つまりアポクリン腺を切除する治療と異なり、肌には傷跡が残らないということです。そのため、わきを露出させるファッションをすることが多い人などは、この方法でのわきが治療を選択することが多いです。