婦人

気になるわきが改善法|ニオイが気になるなら予防や治療を行おう

嫌な臭いのする汗とは

ワキ

アポクリン汗腺が原因

汗をかきやすい人は、わきが体質であると考えている人もいますが、それは間違いです。普通の汗はエクリン腺から出るもので、わきがの汗はアポクリン腺から出ます。しかもアポクリン腺から出る汗は、実際は臭いはありません。脇の下に繁殖した細菌がこの汗を分解して、ツーンとした不快な臭いが発生するのです。またエクリン腺から出る汗は、気温の高いときや体温の上昇などによって出やすくなります。しかし、アポクリン腺の汗は暑さなどに関係なく、寒い冬の日などでも出てくるのです。寒くて体は凍えているのに、脇の下に冷たい汗をかいていたりします。わきがは本人だけでなく、他人にも不快感を与えてしまいます。人と話していても相手の表情を見て、臭いに気づいているのではと心配になってしまったりします。それがストレスになって、わきがの症状がさらにひどくなったりすることもあるのです。美容整形では様々な治療法があリ、ボトックス注射で改善することもできます。これは脇の下にボツリヌス菌の毒素から生成した薬液を注射する方法です。

様々な整形手術

ボトックス注射は、直接アポクリン汗腺に働きかけるのではありません。汗を出す指令を発する伝達物質のアセチルコリンの分泌を抑える効果があります。エクリン腺の汗も抑える効果があるので、多汗症の人にも効果的です。ただ、治療後半年程度で効果が薄れてしまうので、再治療が必要になります。レーザー照射で毛根ごとアポクリン腺を破壊する治療法もあります。しかし、中にはレーザー脱毛をした後もわきがが臭うと感じる人もいます。それは毛穴に皮脂や汚れが詰まったために臭ってしまうのです。治療後の脇の下は、特に清潔に保つことが大切です。また、脇の下を切開してアポクリン腺を切除する治療法もあります。一本づつ確実に取り除いていくので、術後は完璧にわきがをなくすことができます。小さな傷跡が残りますがほとんど目立ちません。切開するのではなく小さな穴を開け、カニューレという細い管を通してアポクリン腺を吸い取る手術法もあります。同時に皮脂腺やエクリン腺も除去することか、ら多汗症の治療にも使われています。